So-net無料ブログ作成

腹痛 [ 養育里親中<8歳>]

夕方頃からお腹が痛いと訴え出したGeorge。

熱は平熱。

多分便秘だと思うのだけど。

お腹が痛いというわりに、ウロウロ歩くし。

でも、涙目になっているGeorgeを見てると、こちらも痛くなる。

だんだん痛くなる、というので
夜間救急へ行った。

浣腸。

トイレの中で、

まじめくさった顔をして、
George「この病院にはもうこないね。」

wine「なんで?」

George「だって、浣腸するのに。」

いや、だからさ、お腹が痛いんでしょ。

ころころウンチ君が出てきて調子が戻ってきたみたい。

やっぱり便秘。





初めて来院したとこだったけど、特に何も言わなかったけれど、Georgeのことをwine家の苗字で呼んでくれた。良い病院。
病院によっては、里親制度のことがよくわかっていないところもあって、wine家の苗字で呼んでくれと言っても、呼んでくれないところもあるんだけど。





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ほめる 6 [ 養育里親中<8歳>]

体操教室を見ていて、ふと気がついた。

Georgeは怒られていることのほうが多く、ほめられていないのだ。

といっても、ほめるところは、ないんだけどね。

ちょっと前にGeorgeが、「怒られてばかりなんだ…」とこぼしていた。

思わず先生に、些細な事で良いので褒めてやって下さい、と言いたくなった。

『些細な事』って出来て当たり前のことばかりで、先生に言いにくいなあ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

素直な気持ち [ 養育里親中<8歳>]

朝食時

George「まま、せんたくきをのぞいたりしたときにね、『ここのおうちにいたくなかった。』って思うことがあるんだ。ママのことは大好きなんだよ。なんでかわからんけど、『ここのおうちにいたくなかった。』て思うんだ。でもね、ママのことは大好きなんだよ。大好きなんで。」

wineは返事にこまった。

wine「そっかあ。でもね、Georgeが、『ここのおうちいやだ』と思っても、ここが、Georgeのおウチなんだよ。昨日さ、本、読んだでしょ?一人っ子の子供が、兄弟がたくさんいるおウチに行って、兄弟がたくさんいる子供が、玩具がたくさんあるおウチに行く本ね。結局はそれぞれ寂しくなって自分のおウチに帰ったでしょ?」

Georgeは、軽くうなずき、「ここがGeorgeのおウチ。ママがいるおウチがGeorgeのおウチ。」

顔を洗いながら、wineはふと気がついた。Georgeは、正直に自分の素直な気持ちを話してくれたんだ。

身支度を整えているwineのところへGeorgeがやってきた。

wine「George、さっきは、正直に話してくれて有難う。『ここのおウチにいたくない。』って話ね。」

George「うん、Georgeは、ママが大好きなんだ。Georgeは、お父さんとママの宝物だからね。」


少しずつ親子になっていこう。
大丈夫。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ほめる 5 [ 養育里親中<8歳>]

気をとりなおして、プールへ遊びに行った。

ものすごく混んでいて2時間ぐらいで帰ることにした。

George「もう少しあそびたかったなあ。」

wine「そうだね。ごめんね。でも、すぐにプールからあがってくれてありがとう。」

2時間ぐらいの遊びでは、ものすごくぐずるのだけど、今日は、すぐにプールから上がってくれた。


夕食時、ばあちゃんに叱られていたGeorge。

2人の様子を黙ってみていたwineに、Georgeは、「ごめんね。おかあさん。怒られた…」


Georgeは、wineが褒めることを意識してやっていることに気がついているのだろうか。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ほめる 4 [ 養育里親中<8歳>]

褒め続けることの難しさを実感した。

Georgeがいちいち聞いてくるのだ。

George「ねー今の見た?じゃーこれは?」

試し行動なのか、なんなのかよくわからない。

でもとにかくしつこい。


遊びに行って楽しかったのに、帰宅してすぐになぜか、Amelieにちょっかいを出すGeorge。

ものすごく腹がたったwineはおこってしまった。

遊びに行ったお店でも奇声を発したり、ふざけたり、じゃましたりと、散々だった。



褒めるところがないし、褒める気が起きない。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ほめる 3 [ 養育里親中<8歳>]

墓参りに行ってきたのだが、何がどうなったのか、朝から落ち着かないGeorge。

朝はいつもハイテンションなのだけど、いつもより落ち着かない。

ほめる、ということもあまり効き目がないような状態。

問題行動(試し行動?)がエスカレートしていく。

お墓では、「お参りなんてしない。」などと、反対ばかり言うし……

昼前になって、ようやく落ち着いてきた。

ほめる、ことも効き目がでだした。

なんとかwineが爆発せずにすんだ。そこを褒めよう。
自分で自分を褒めておこう。

一進一退。

Georgeの場合は、一進三退、かもね。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ほめる 2 [ 養育里親中<8歳>]

食事の時、いつもGeorgeは左手で食べ物を運ぶのを手伝うので、
手がベチャベチャにしてきったなくなるんだけど、
褒め倒し出して3日目ぐらいかな、
1度も左手を使わず、食べることができたのだ!!

たくさん褒めた。

元々Georgeはお箸を使うのはとっても上手だから、左手が手伝わなくても綺麗に食べられるはずなのだ。

すごく嬉しい。

続くように頑張ろう。

それに、今日はGeorgeもwineも大声を出してない。
ちょっとぐらいは怒ることはあったけど、
でも、穏やかな1日だったな。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ほめる [ 養育里親中<8歳>]

『ほめる』ことを意識してGeorgeをほめていたら、

Georgeから「いつもほめてくれてありがとー」と言われた。

涙がでそうになった。グッとこらえて、微笑んだ。


心療内科の医師から頂いたアドバイス、「褒めて褒めて褒め倒すんです。」の意味がわかったような気がした。

それでもまだまだ問題行動はあるけど、注意をするとすぐに「はい。」と返事をしてくれるようになったかな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

数珠繰り [ 養育里親中<8歳>]

家から近くにある 「○△庵」へ行ってきた。

お堂でお経をあげて、お焼香もした。

1時間?正座した。足がしびれた。

Georgeはまあまあ落ち着いていた。

暴れなかったから良しとしよう。ゴゾゴゾはしたけど。
ま、私もゴゾゴゾした。足が痛かったのよ。

お寺さんの有難いお話を聞いた後、お蕎麦をいただき、数珠繰りの始まり。

ナンマイダ〜

Georgeは数珠繰りの輪にはいり、意外に?真面目にやっていた。

真ん中にきちんと正座しておりんも叩かせてもらった。

みんなに上手と褒められご機嫌のGeorgeさん。

男性から、「この子は大物になるよ。」と声をかけられた。

母の希望は普通になって欲しい。

お供えのスイカを食べて、終了。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ランチ会 [ 養育里親中<8歳>]

親戚と食事に行ってきた。

Georgeは、何が気に入らないのか、「一緒にご飯を食べない」と言い出した。
(子供O.K.のお店)

席にもきちんと座らない。ふざける。

wineは爆発寸前。

Georgeが下品な食べ方をした。

ついに爆発。といっても、お店の中。

Georgeの腕をつかんで皆から離れて、小声で「何してるの!私の方が家に帰りたいわよ!!」

Georgeをほっといて席に座った。

メイン料理が到着して、wineたちは食べ始めた。

Georgeがいつの間にか席に戻っていた。少し正気に戻ってきたようだ。

wine「あなたも食べなさい。」

あんなにご飯は食べないと言い張っていたのに、よく食べた。

Georgeが落ち着かなくなった頃を思い出すと、
姪っ子とGeorgeの写真を撮ろうとしたとき、その姪っ子にwineが注目してしまったことが気に入らなかったのかもしれない。写真撮影をしている最中にふざけだしたのよね。

家に帰ってからは、何かとGeorgeを褒めた。
だんだん、落ち着いてきた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。