So-net無料ブログ作成

ひま [ひとりごと]

Georgeが学校から帰ってから、遊びにでかけるようになった。
ほぼ毎日。



働きにでも行くかあ...
nice!(0)  コメント(0) 

女心 [ 養育里親中<8歳>]

1年生の頃から仲の良いMちゃん。

2年生の2学期頃から学校外でもよく遊ぶようになった。

先日、雨が降った土曜日の午後。
GeorgeがMちゃんの家に迎えにいき、ウチで遊ぶことになった。

Mちゃんがウチへ来たのは初めて。
Georgeはおもちゃを色々だしてきた。

George「これはねー、Yちゃんがくれたのー。」

Mちゃん「Yちゃんってだれ?」

George「それから、これもYちゃんから〜あ、カレンダーもね。Yちゃんはね、バイトしてるんだ〜」

Mちゃん「Yちゃんってだれ?」



うふふ。Yちゃんは、Georgeの従姉の20歳も超えるお姉さんだよ〜。
Mちゃんは、Yちゃんが気になったみたい〜。可愛い。

George、しっかり説明しないと…て、まだ女心がわかるわけないかあ。
nice!(0)  コメント(0) 

どれぐらいさがしたの? [告知]

寝起きがとってもご機嫌のGeorge。

ここのおウチにこれてよかったわ。
お父さんとお母さんの子供になってくれて有難う[黒ハート]
朝起きてすぐに[↑]こんな会話を交わしたと思う。

朝食時

George「どれぐらいさがしたの?すぐに見つかったの?」

wineは、県内にある児童養護施設の数と乳児院の数とだいたいの場所をGeorgeに教えた。
そして、その中から、家から一番近い児童養護施設に電話をかけたことを話した。
一番近い児童養護施設は、Georgeが入所していたところ。

wine「児童養護施設と言う所はね、子供を預かるところなの。子供を育てることができないお父さんお母さんが子供を児童養護施設に連れて行くの。その事情は、子供によって色々なの。お父さんもお母さんも病気だったら、子供を見る人がいないでしょ?Georgeを産んでくれたお父さんとお母さんの事情は、お母さんは知らないけど、お母さんはね、Georgeを産んだ子だと思ってるの。」涙がでてきたwine。

wineの涙をみてGeorgeは「涙がでてるね。まあ、ごはんを食べよう。もうこんな時間だよ。早くたべなくちゃ。」

そう、泣くようなことじゃない。真実告知の時は泣かないと決めてたんだけど。
でも、でも、実母が児童養護施設へ連れて行った理由をGeorgeがどうとらえるかわからない。少し心配した。

wine「でもね、この事は自分のために黙っておきなさい。どうしても、話すのなら、そうね、普通級の先生のとこには、回りにいっぱい人がいるだろうから、支援級の先生だと、1人のことがあるだろうからね。支援級の先生がいいかもね。」

George「うん、わかってる。」

児童養護施設の説明は難しい。
だけど、Georgeは子供なりに理解しているようだ。
nice!(0)  コメント(0) 

プチ家出 [ 養育里親中<8歳>]

夕方些細な事で、「もう、でていく。」と言い出し、家を出て行ってしまったGeorgeさん。

wineはドアの鍵を閉め、とりあえず、晩ご飯の準備。

でも、あれこれと考えて心配してしまう…

変質者に出会ってるかも?
もしかしたら、どんどん歩いて遠くへ行き過ぎて帰って来れなくなってるかも…
暗くなるのが早くなってきてるし….

約15分後、探しに行く事にした。
玄関を開けてみた。

Georgeが道路の端っこにいた。

wineは玄関のドアを閉めた。

もう一度、ドアを開け、「George、一回しか言わないよ。」
次に、『帰っておいで。』と言う前に、走って家に帰ってきた。

George「お母さん、さっきはごめんなさい。」

一件落着。

nice!(0)  コメント(0) 

送迎 [ 養育里親中<8歳>]

2学期も送迎をどうしようかなあ、そろそろ大丈夫かなあと色々悩んでいるわけなのだが……

自分の目で見て気がついたことがいくつかある。


雨の日、傘を振り回している子供が結構いるのよね。
私ももしかしたらやってたかも

ランドセルを引っ張ったりいきなり頭を叩いたり、←女の子がしてた……

くだらない言葉の言い合い……


見てるだけでぐったりのwine。

おまけ!?にいちいちGeorgeに悪口いわれただの、Georgeは違う道を歩いていただの、教えてくれるコがいるのよねえ。いつも同じコ。

Georgeは、そのコが先に蹴ってきたりするそうだ。

どっちもどっち。
ふう。

ま、Georgeの様子もちょっとだけわかった。
wineが送迎をするのが嬉しいけど、お友達の手前恥ずかしいと思っているようだ。

今日はGeorgeはケンカをしていたお友達と仲直りが出来たことを嬉しそうに話してくれた。

で、いつまで送迎しよう……

そろそろに離れていかなくちゃなあ。


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。