So-net無料ブログ作成

麺類禁止 [養育里親中<9歳>]

学校から帰宅して、おやつを食べている時、

Georgeがいきなり泣いて怒り出した。

George「ばあちゃん、今日は家にいるのか?」

wine「デイサービスは休みだよ。」?????

George「お昼ご飯、二人でうどん食べたの?
    なんで、オレがいない時ばかりうどん食べるんだよ!!
    オレも食べたかったのに。どうしてなんだ〜」

丼鉢が洗って置いてあるから、気がついたんだろう。

食べたのはうどんじゃなくて、お蕎麦。

wine「うどんじゃないよ。お蕎麦。天麩羅は、マーケットで買ってきたけどね。」

George「?お蕎麦?どうして、オレのいない時ばかり麺を食べるんだよ〜!!
     今日の晩御飯はなんだよ!!」

wine「フツーにご飯だよ。わかった、わかった、また、うどんにするよ。」

George「明日!?えーっ。いつだよ〜。オレのいない時に、麺を食べるな〜禁止!!」

そんなに、うどんが食べたかったのか。

給食の麺類って美味しいとは言えないよね。
試練の時かも。

wineは揚げパンが一番好きだったなあ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

宿題 [養育里親中<9歳>]

道徳の宿題で、生まれた時親がどう思ったか聞いてみましょう...みたいなのがあって、

wineは「生まれた時から一緒に居たかったわ。」と言った。

Georgeは「待って、それは書けないよ。」

例では、『生まれてきてくれてありがとう』だとか、書いてあった。

wine「それじゃあ、生まれてきてくれて嬉しかったにしよう。」

Georgeも納得できたようで、宿題ができた。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

先を越された [告知]

里親制度について、そろそろGeorgeに話そうと思っていたのだけど、

児童養護施設にレスパイトに行っている間に、『里親』『里子』の言葉を聞いてきたようだ。
ウチでは、一度も『里親』『里子』は使ったことがない。

施設の職員とは、2人きりになる機会がなくて(真実告知)に関わることは、聞かなかったと帰って来ていた。職員からもその話は聞いてこなかったと言っていた。

だから、入所している児童から、『里親』『里子』の言葉の説明を受けて来たようだ。

どんな風に聞いて来たのか、知らないけど、Georgeはあまり悩んでいないようね。

でも、良いイメージは持ってないみたい。

wineとしては、里親制度は、素晴らしい制度だと教えたいと思っているし、
里親、里子の言葉の響きも良いイメージで伝えたかったのだけど...

今は、Georgeが元気!というのが大事だから、
もう少ししてから、里親制度の説明をしよう。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

行動範囲 [養育里親中<9歳>]

Georgeの行動範囲は本当に広いようで、多分、wineが思っているより遠く広いと思うのよね。

冬休みは午後からは友達のところへ遊びに行くことにしている。

どこまで行っているか、一緒に行こうかといつも何度も思うのだけど、

本人は、恥ずかしいとかなんとかいって、嫌がるのよね。

4年生になったら、自転車に乗り始めるから、ますます、広がるなあ。

心配ばかりだわ。

ふと、wineの母が、「あんたが帰ってくるまで心配なのよ。」と言っていたことを思い出した。

そうなんだ〜
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お小遣い事情 [養育里親中<9歳>]

ちょっと前にも、お手伝いをしたぶんお小遣いにしようとして続かなかった。

でも、また、することにした。

早速、今日は、夕飯後の食器洗いをしてくれた。

丁寧に丁寧に洗ってくれた。

お味噌汁用の小鍋も頑張って洗った。

フライパンは少し大きいと思ったから、

wine「ちょっとずつから始めよう。大きいお鍋はもうちょっと慣れてからにしよう。」
と声をかけると納得してくれた。

Georgeは、カレンダーを見ながら、何日したら、いくらになる、なんて、計算していた。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

お正月 [ひとりごと]

元日におとうたんが仕事だったので、なんだか、正月じゃないような感覚。

な〜んにもする気が起きないwine。
おせち料理は、スーパーで購入。

親戚が2日に年頭挨拶に来てくれて、Georgeはお年玉いただいて、お正月。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

母のこと [ひとりごと]

ちょっとしたトラブルがあって、泣いていた夜のこと。

母「wine、泣くんじゃない。生きていたら色んなことがあるものだ。負けるんじゃない。」

wineの母は、要介護1。認知症も...

どうあれ、親には生きていて欲しいものだ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

毎年恒例 [養育里親中<9歳>]

大晦日のうちの毎年恒例行事といえば、

大掃除を手伝った場合のみ、夜更かしをしても良いということになっている。
お菓子もジュースもO.K.

Georgeさん、張り切って掃除をしてくれるのはいいのだけど、

後から手がかかるのよね〜。仕方ないか〜まだ、3年生だもんね。


で、夜更かしを頑張ってます。

TVを見るなんて言ってるけど、全然見ない。

食べる方に気がいってるようだ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

写真 [告知]

何を思ったのか、今朝、Georgeは、「もし、施設(児童養護施設)にGeorgeがいなかったら、あちこち探してくれた?施設にいなかったら、どうしてた?」と聞いてきた。いつも突然。

wine「わかんないよ............でもね、きっとGeorgeがおうちに来てくれたと思うよ。どこへ探しに行っても、Georgeがうちに来たと思うよ。」

よくわからないけれど、Georgeが生まれてすぐの写真を見せるチャンスかなと思った。

wine「生まれてすぐの写真、見たい?産んでくれたお母さんからもらってたの。ケースワーカーさんに頼んでいたの。見る?」

George「見たい。」

数枚の写真を見るとGeorgeは、「わ〜赤ちゃんだ〜。ちっちゃいなあ〜。似てる?」

鏡に写真を写し、今の自分と比べていた。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

小学校を見に行く [養育里親中<9歳>]

2019年の3月に引越予定。

引越先は同じ市内で、2つ隣駅。
学校に問い合わせると、引越先から今の小学校に通っても良いということ。
親の送迎付きで。


今日は、新居の校区内にある小学校を見に行って来た。

通学路になるだろう道を歩くと、所々に線路が見えて興奮してくるGeorge。
「こっちの小学校も良いなあ。」
いや、まだ小学校見てない。線路だけ。

そして、ついに小学校に到着。

市内でもマンモス校で有名な小学校。

新校舎ができたことはニュースで知っていたけれど、

凄かった。さすが、街中にある小学校。
圧巻。圧倒。

今通っている小学校もマンモス校ではあるけれど、やっぱり、ちょっぴり田舎。
通学路は田んぼ道。のどか〜

こちらは、田んぼなんてない。

Georgeには、田舎の方が合ってると思うけれど。
山の頂上とか。

George「こっちの小学校にしようかなあ。学校終わってから遊べるよね。」

wine「そうね。まあ、まだ時間はあるし、ゆっくり決めたら良いよ。転校してしまったら、もう、ずっとそこだからね。」

George「え〜。みんなとお別れするのか〜F君と会えなくなるのかあ。」

wine「まあ、同じ市内にはいるから、マーケットとかで会えるかもしれないし。」

3年生になってから友達増えたもんなあ。

wine「こっちでもすぐにお友達できるよ〜。あ、ここ、スイミングスクール、あるでしょ。近いでしょ。」

George「ホントだね。歩いていけるし、自転車もいいねえ〜。」

引越先は、徒歩圏内にたくさんのお店がある。
wineもGeorgeもワクワクしていた。

引越までまだ時間があるし、小学校のことはゆっくり決めよう。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感